羊水とは、じつは胎児のオシッコだった?

羊水とは、じつは胎児のオシッコだった? 最初に、我われが誕生してからの約十力月を過ごした部屋の問取りを説明しておこう。 部屋の名前は子宮で、妊娠初期は鶏の卵ぐらいの大きさしかない。それが胎児の成長に伴ってぐんぐんと広がり、最終的には身畏五〇cmの胎児がおさまる

もっと読む