ED治療で待望の赤ちゃんが誕生

Cさん夫婦は結婚して5年。二人とも結婚当初から子どもを望んでいましたが、恵まれませんでした。

結婚生活も3年を過ぎたころ’ 不妊の原因があるのかと二人は受診しますが、どちらも身体的な問題はないといわれます。産婦人科では、排卵日ころに3日続けてセツクスをするようにアドバイスを受けます。

ところが、そのころからCさんは性行為に失敗するようになります。勃起はしても挿入しようとすると萎えてしまうのです。出産年齢を考えてあせリ始めていたD子さんは、大きなシヨツクを受けます。その落胆ぶりはCさんにとつてますますプレツシヤーとなつたようで、まもなくまったく勃起もしなくなりました。

Cさんにとつても早く子どもがほしい気持ちに変わりはありません。ED勃起不全を疑い始めてからも、Cさんは 何度もセツクスを試みますが、やはりぅまくいきません。2年近くもそんな状態が続くと、自分の勃起能力にも自信がなくなつてきます。

二人の精子と卵子に問題がないことはわかっているので、人工授精という選択もありました。しかし、や はリ抵抗がありました。D子さんも自然な妊娠出産を望んでいました。

親には「どこも悪いわけではないのに病院に行つてもしかたないのではないか」ともいわれましたが、二人はED勃起障害治療を決意します。

不妊治療がきっかけとなった心因性EDと考えられるところから、まず排卵日にこだわらないようにアドバイスしました。失敗してはいけないという強迫観念は、ますます勃起を難しくしてしまうからです。

バイアグラとカウンセリングによる治療を始めましたが、D子さんの親兄弟と同居という生活環境もCさ んのブレッシャーを大きくしている可能性が考えられるので、気分を変えてリラックスできる機会をもつことも勧めました。ちようど勤続|5年のリフレッシュ休暇がとれるというので’二人で旅行をすることになリ、夫婦はセックスを取り戻します。

その後まもなくD子さんは妊娠します。実際は旅行のときとは限らないようですが’Cさん夫婦は5年め のハネム—ンべビIと喜んでいます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です