低タンパク血症と高脂血症の状態になるため厳しい食事制限が必要(ネフローゼ症候群)

食事について タンパク質を少し控える 低タンパク血症を補うため、これまでは高タンパク食がすすめられてきました。 しかし、治療効果がない ばかりか腎障害の心配が指摘され、現在では良質のタンパク質(肉、魚介、大豆製品など) を一日男性70g、女性60g程度に控えて

もっと読む

効果がある栄養成分を摂取すると、腎炎の初期治療が大事だと思う

有効な栄養成分 ➦EPA(エイコサペンタエン酸) ➦グリシニン 以下は別々紹介します。ご参考してください! EPA・・・炎症の改善に役立つ EPAが腎炎によいわけは? 炎症はプロスタグランジン、ロイコトリエンといった化学物質によって引き起こされますが、EPAは

もっと読む