(高血圧症を中心に)食生活の改善によって血圧を下げ、安定させる栄誉成分を解説します。第1章

高血圧に有効な栄養成分1

✪カリウム
✪マグネシウム
✪カルシウム
以下は別々詳しく紹介しております。ご覧になってください。

カリウム・・・血圧を下げ、高血圧症を予防する

カリウムが高血圧症によいわけは?

食塩に含まれるナトリウ厶の過剰摂取が高血圧症の大きな要因ですが、カリウムには余分なナトリウ厶と結びついて体外に排泄する作用があります。

塩分を控え、カリウムの摂取をふやすことはより効果的です。

上手に摂取するには?

水に溶けやすく、調理による損失も大きいため、できるだけ生で食べるようにしましょう。加熱の場合には、煮汁にカリウ厶が溶け出しているので、煮汁もいっしよに食べます。

また、食塩の摂取が多いと、ナトリウ厶といっしよにカリウムも排泄されてしまいますから要注意。

マグネシウム・・・毛細血管を広げ、血圧を下げる

マグネシウムが高血圧症によいわけは?

マグネシウムは動脈を弛緩させ、逆に力ルシウ厶は収縮させてバランスをとっていますが、マグネシウムが不足すると動脈の収縮が起こり、血圧が上がります。

マグネシウムを充分にとることで、血圧を下げ、正常に保ちます。

上手に摂取するには?

マグネシウムとカルシウムの摂取バランスは1対2〜1対3がよいとされています。カルシウムを大量にとる人はマグネシウ厶もその分お忘れなく。

ストレスや、激しいスポーツのあと、また、リンを多く含む加工食品のとりすぎは、マグネシウ厶の不足をきたしがちです。

カルシウム・・・血行をよくして血圧を正常にする

カルシウムが高血圧症によいわけは?

カルシウムが不足すると、貯蔵庫である骨からカルシウムが流出してはたらきますが、血管壁にも付着します。

これがスムーズな血行を妨げ、高血圧を誘引することになります。カルシウムをしっかりとって高血圧を予防しましょう。

上手に摂取するには?

吸収率のよい牛乳•乳製品を積極的にとりましょう。ビタミンDといっしょにとるとさらにカルシウムの吸収はよくなり ます。

肉のタンパク質、野菜のしゅう酸、 豆•穀類のフィチン質、食物繊維はカルシウ厶の吸収を阻害します。偏って多くとりすぎないようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です