鉄欠乏性貧血・悪性貧血を改善できる利用成分を摂取しましょう!第二章

貧血に有効な栄養成分2

✍葉酸
✍ビタミンB₆
✍ビタミンC
以下は別々紹介します。ご利用してください!

葉酸・・・赤血球の生成にはたらく

葉酸が貧血によいわけは?

ビタミン日₁₂とともに造血にはたらきます。

赤血球の寿命は4か月くらいといわれますが、新しい赤血球をつくるときに葉酸が不足すると、正常な赤血球ができず、悪性貧血になります。

造血を促進し、悪性貧血を予防するために充分な摂取を心がけましよう。

上手に摂取するには?

通常の食事をとっていれば不足する心配はないとされています。

ただし、妊娠中授乳中の人成長期の子どもは不足しやすいので、多めにとります。

葉酸は光にあたると壊れるので、食品を保存するときは日光を避けて暗所に

ヒタミンB₆・・・赤血球の生成に欠かせない

ヒタミンB₆が貧血によいわけは?

ヒタミンB₆はヘモグロビンがつくられ るためのタンパク合成や細胞分裂に関わってサボートします。

不足すると貧血になりますから、充分な補給が必要です。

上手に摂取するには?

腸内細菌によって体内で合成されることもあり、通常では不足する心配はありませんが、肉などタンパク質を多くとる人、 成長期の子ども、妊娠中の人は欠乏症が起こることがあります。

また、ビタミンB₂が不足すると、B₆のはたらきが妨げられます。B₆のとりだめはできないので、毎日、充分に摂取しましょう。

ビタミンC・・・鉄の吸収をよくする

ビタミンCが貧血によいわけは?

ビタミンCには、鉄の吸収をよくしてへモグロビンの合成を助ける作用があり、 貧血を予防します。

また、同様に赤血球の生成に必要な銅の吸収もよくして貧血への効きめを強くします。

上手に摂取するには?

ビタミンCを多く含むのは、野菜や果物 です。できるだけ新鮮なものを積極的にとりましょう。

食後、ビタミンCは排泄されるので、毎食必ずとります。とりすぎによって弊害が起こる心配はありませ ん。

加熱調理によって野菜は約5割のピタミンCを失います。さつまいもは損失 が少ないのでおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です