老人性白内障について~目の老化を予防し、症状の進行を遅らせます。

老人性白内障に有効な栄養成分

♛ビタミンB₂
♛ビタミンC
♛セレン
以下は別々紹介します。一緒に勉強しましょう!

ビタミンB₂・・・白内障の予防に有効

ビタミンBが白内障の予防によいわけは?

ビタミンBは、粘膜を保護するはたらきがあり、欠乏すると目が充血してゴロゴ口したり、弱い光でもまぶしく感じたりする症状があらわれ、老人性白内障になりやすくなります。

またBは、糖質の代謝に関わるだけでなく、脂質の代謝を促進する作用もあるので、糖尿病性白内障の予防に役立ちます。

上手に摂取するには?

レバー牛乳納豆貝類などに多 く含まれ、多めにとっても副作用の心配はありませんが、糖尿病の人は高エネル ギーにならないように注意します。

ビタミンC・・・強い抗酸化作用で予防する

ビタミンCが白内障の予防によいわけは?

ビタミンCは細胞と細胞を結合させるコラーゲンの合成にはたらき、眼球からの出血や老化を防ぐほか、活性酸素の害を防ぐ抗酸化作用があるので、白内障の予防に効果を発揮します。

上手に摂取するには?

ブロッコリーカリフラワーじゃがいもさつまいもなど加熱によるビタミンCの破壊が少ない野菜を、手早くゆでたり、蒸したりする調理法がおすすめです。

サラダにして生で食べるより、かさが減 ってビタミンCを多置にとれます。果物でも充分にとりましょう。

セレン・・・酸化から目の老化を守る

セレンが白内障の予防によいわけは?

セレンは過酸化脂質を分解する酵素の必須成分で、体内で有害にはたらく活性酸素の活動を抑制し、体の組織の老化を遅らせる作用があります。

この抗酸化作用によって目が守られるので、白内障にかかりにくくなる効果が期待できます。

上手に摂取するには?

いわし、帆立貝などの魚介類、牛肉など の肉類、小麦胚芽、玄米などの穀類、ねぎ、にんにくなどの野菜に多く含まれて いますが、穀類野菜は土壌のセレン濃度によって、その含有率が違います。

ビタミンEやCといっしよにとると効果的です。ただし、多量摂取は禁物。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です