炎症を改善とバランスもとれた栄養を補給すると口角炎を治療しょう!

今回の文章は、多くの人が悩んでいる口角炎の改善・治療する食事ポイントと必要がある栄養成分を紹介してあります。ご参考・利用してください!

1.栄養低下を防ぐ

かさぶたのような潰瘍によって食べにくくなるため、食事量が減って栄養低下を起こしやすくなります。

特に口角炎を誘引すると考えられているビタミンB₂の不足には注意が必要です。

消化がよくてやわ らかく、あまりかまなくてもよいものを工夫しましよう。

 

2.刺激のある食品は避ける

特に辛いもの、つばいものなど、刺激の強いものは炎症を長びかせます。

熱すさるもの、冷たすぎるも のも避けたほラが無難です。

3.ビタミンA • Cも不足しないように

口角炎は細菌感染によっても発症します。ビタミンA .Cは細菌に対する抵抗力を強くするは たらきがあります。併せてミネラル類も忘れずにとりましよう。

以下はビタミンB₂を中心に紹介します。

ビタミンB₂・・・炎症をやわらげる

ビタミンB₂が口角炎によいわけは?

ビタミンB₂が不足すると、皮膚と皮膚の境から粘膜までが炎症を起こすことが明らかです。

牛乳が嫌いだったり、飲む量が極端に少ないと、ビタミンB₂が不足して口角炎にかかったという例も報告されています。

ビタミンB₂の充分な補給が炎症をやわらげ、治療に役立ちます。

上手に摂取するには?

体内でためておけないので、毎日とります。ビタミンB₂が多く含まれるのは動物性食品

菜食主義の人はB₂が不足しがちですから、牛乳納豆などで補給するようにしましよう。

魚は身より皮に多く含まれるので、むだなく利用します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です