心筋梗塞・狭心症患者向け、食事のポイント

心筋梗塞や狭心症を治療する目標は二つがあります。一つは冠状動脈の動脈硬化を防ぐ;もう一つは合併症に対する配慮も必要。今回はこの二つの目標を基いて、心筋梗塞・狭心症患者の食事のポイントを紹介したいです、ご利用してください。

1.コレステロールや飽和脂肪酸の多い肉類、卵を控える

血液中のコレステロールをふやし、動脈硬化を促進します。植物油、魚介を取りましょう。

2.過食、まとめ食いは避ける

いは心臓に負担をかけ、肥満の原因にも。肥満は動脈硬化の危険因子です。食事は質量とも毎食平均になるように心がけます。

3.塩分を制限する

心臓への負担と高血圧を予防するために食塩は一日7g以下にします。

4.食物繊維が多い食品を充分にとる

便秘も心臓の負担を増します。不足しないように。

5.タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよくとる

いずれも心臓の筋肉を強くするために欠かせません。エネルギーの少ないタンパク質を上手に取り入れます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です