弛緩性・習慣性便秘にビフィズス菌と食物繊維である効果的な栄養成分を解説

慢性便秘に有効な栄養成分

✔ビフィズス菌
✔食物繊維
以下は別々紹介します。ご参考してください!

ビフィズス菌・・・腸の蠕動運動を活発にする

ビフィズス菌が弛緩性便秘によいわけは?

ビフィズス菌には、整腸作用があります。

体内で生産される酢酸や乳酸が腸を刺激して蠕動運動を活発にすることで、便秘の予防、改善に効果を発揮します。

上手に摂取するには?

摂取したビフィズス菌が胃の酸で死滅するのを少ないするために、食後にとるのがよいとされています。ビフィズス菌は約1週間で排泄され、二日酔いやストレスによる減少もあるので毎日取ります。

腸内のビフィズス菌を増やすために、えさになる栄養として、牛乳に含まれるフラクトオリゴ糖をとります。

また、ヨーグルトを食べて乳酸菌が体内に入ると、腸内のビフィズス菌が増殖します。

食物繊維・・・便量と排便の回数をふやす

食物繊維が弛緩性便秘によいわけは?

穀類、豆類、いも類、野菜類に多しは不溶性食物繊維は、腸内細菌の分解衣召くく、水分・収してくれるため、便量がふえてやわらかくなり、 排泄されやすくなります。

また、腸壁を刺激しで腸の蠕動を活発にし、便通をよくします。海藻、果物、こんにやくなどに多い水溶性性食物繊維にも、便秘を改善する効果が認められています。

さらに食物繊維は、腸内で役に立つ菌、特にビフィズス菌を増殖させますが、この結果、乳糖や酢酸などがふえ、これが 腸の蠕動運動を促して便秘を解消します。つまり一石二鳥の効果を発揮します。

上手に摂取するには?

食物繊維は種類が多く、それぞれはたら きが違います。いろいろな食品からバラ ンスよくとるようにします。

便をつくるには水分が必要なので、同時にたっぷりの水分を補うようにすると、便がやわらかくなり、排便がスムーズにいきます。 加工食品に偏らないことも大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です