巨乳と乳ガン乳房が大きいと乳ガンにかかりやすいか?

巨乳と乳ガン 乳房が大きいと乳ガンにかかりやすいか?

豊満なバストに魅惑される男性諸氏を見ればおわかりのごとく、乳房は女性の性的デイスプレイの最たるものだ。ところが最近、この麗しい乳房に危機が迫つているという。乳ガンにかかる人の数が大きく増加しているのだ。日本人の場合だと胃ガンを抜いて、女性のかかるガンのトップに躍り出ようという勢いだ。はたしてこれは、日本人女性のバストの発育がよくなり、巨乳が増えたからなのだろうか?

原因はそれほど単純ではない。乳ガン発生の原因はともかく、リスクファクタ1はかなりはっきり絞られている。ひとつには家族がやはり乳ガンになっているなど、遺伝的な要素だ。最近の研究の結果、乳ガンの発生に遺伝子の作用がかかわっていることがわかってきた。だが急激な増加の背景にあるのは、食生活の欧米化や晚婚•少子化などのライフスタイルの変化だろう。

そもそも乳ガンの発生に、もっとも大きく作用するのはエストロゲンという女性ホルモンだ。このホルモンは月経周期に従って、卵巣から分泌される。乳ガンは乳房にある乳腺の部分に発生するのだが、乳腺がこのエストロゲンに長期間さらされるほど乳ガンのリスクは増大することがわかっている。男性にも乳ガンはまれにあるが九〇%以上が女性、それも四十歳代後半の年代がもっとも高率なのはこのためだ。閉経 後は卵巣からのエストロゲンの分泌が止まるので、乳ガン発生のリスクは減っていく

女性に周期的に月経が訪れる以上、この病気の危機にさらされるのはやはりしかた がない。ところがラィフスタィルの変化のせいで、最近の女性はエストロゲンに、より長い期間さらされることになった。その典型として、まず晚婚化と少子化があげら れる。出産すると授乳期間中はエストロゲンの分泌は低下する。昔は多くの女性が若 くして結婚し、さらに子だくさんだったので、それだけエストロゲンが分泌されてい ない時期も長かったのだ。逆に、初産が三十歳以上、または出産経験がない女性の場 合は乳ガンの発生リスクは跳ね上がる。

また食生活が欧米化し、動物性タンパク質•動物性脂肪をたくさん摂ると、エストロゲンの分泌は活性化する。月経の開始は早く、逆に閉経は遅くなり、女性の現役時代が長くなっているのだが、一方でそれだけエストロゲンにさらされる期間も長い。さらに肥満もょくない。エストロゲンは脂肪組織でもつくられるので、標準体重を二〇%以上ォーバーすると乳ガンの発症頻度は高くなるのだ。

では、いわゆる巨乳と乳ガンの関係はいかなるものか。乳房は母乳をつくる乳腺と脂肪組織に分かれる。じつは女性の乳房は九〇%以上が脂肪でできている。だから授乳期以外もプリンとふくらんでいて、男性をひきつけるというわけなのだ。じゃあ巨乳のほうが脂肪が多いんだからハィリスクかというと、体の脂肪と乳房の脂肪は別の代謝系でコントロールされており、直接の関係はない。痩せていてもオッパィだけ大きいとか、全体にふくよかなのに胸はたいしたことないゾというのは、男性諸氏も実感する機会は多いことだろう。

もちろん、思春期に乳房がふくらんで女らしい体型になるのはエストロゲンのはたらきだから、まつたく無関係とはいえないかもしれないが、乳房の大きさと乳がんリスクには直接の因果関係はないと考えていいだろう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です