口内炎ー痛みの軽減と全身の栄養状態をよくしようと思う

口内炎に有効な栄養成分

➽ビタミンB群
➽ビタミンA
➽ビタミンE
以下は別々紹介します。ご参考してください!

ビタミンB群・・・不足すると口内炎ができやすくなる

ビタミンB群が口内炎によいわけは?

B群、とりわけビタミンB₂•B₆•ナイア シンが不足すると、粘膜に異常が生じることが明らかで、口の中の粘膜が切れ、 強い痛みをともなろ口内炎になりやすくなります。

また、B群はエネルギーの供給にはたらく元気の素。過労時に発生しやすい口内炎の予防にちつながります。

上手に摂取するには?

B群はとりだめできないので、毎日補給しましよう。

おすすめは胚芽米や小麦全粒粉を使ったパンなどで、主食を未精白のものにかえるとかなりの量が補給できます。

副食はレバー牛乳豚肉鶏肉大豆などを組み合わせると、B群の豊富な献立となります。

ビタミンA・・・口の中の粘膜を正常に保つ

ビタミンAが口内炎によいわけは?

ビタミンAが不足すると、粘膜が乾き、傷つきやすくなることが知られています。

また、 Aには細菌感染への抵抗力を増大させる作用もあり、口内炎を改善するとともに、予防もします。

上手に摂取するには?

吸収がよいのはレチノールを含む動物性食品(レバーなど)で、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは油と一緒にとると、吸収率がぐんとアップします。

なおレチノ—ルには、とりすきると頭痛、吐き気などの過剰症が出る心配がありますが 、食品からとる分にはまず問題ないといってよいでしょう。

ビタミンE・・・痛みの軽減に有効

ビタミンEがへルベス性口内炎によい わけは?

患部にビタミンEを塗布することにより、痛みがすぐに軽減され、病巣部の陥没が続いて起こったといろ臨床報告があります。

また、Eのストレス疲労をやわらげる作用も、口内炎の改善と予防に一役買っていると考えられます。

上手に摂取するには?

ビタミンEは植物性食品だけでなく、動物性食品にも広く含まれており、通常の食事をとっていれば欠乏症はほとんどみられません。

ただし、Eを多く含むナッツ類植物油は酸化しやすいので早めに使い切りましよう。

また、ビタミンCやカロテンを多く含む食品といっしょにとると、お互いの相乗効果でより効率 的になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です