効果的な食事で症状を軽減・解消できる更年期障害を詳しく述べており、ご参考して下さい。

更年期障害に有効な栄養成分

☑ヒタミンE
☑ヒタミンB₁
☑イソフラボン
以下は詳しく紹介します。ご参考してください。

ビタミンE・・・老化を予防する

ビタミンEが更年期障害によいわけは?

更年期障害の不快な症状は、卵巣機能の衰えからくるホルモンのアンバランスが原因と考えられていますが、ビタミンEはホルモンの分泌を整えて老化を防止します。これはEが黄体ホルモンの材料となっていることによります。

また、血行をよくするはたらきもあり、頭痛、肩こり、冷え症などに有効です。

上手に摂取するには?

ビタミンEのはたらきを強めるビタミン Cといっしよにとると、効果が高まりま す。

Cには自律神経を安定させる作用もあり、併用することで更年期障害をより効果的に改善します。

ヒタミンB₁・・・脳や神経のはたらきを正常にする

ヒタミンB₁が更年期障害によいわけは?

ヒタミンB₁は脳や神経のエネルギー源である糖質の分解を助け、全身の新陳代謝を高めます。ヒタミンB₁が不足すると疲れがたまり、精神は不安定な状態に陥ります。

またB₁には、手足の末梢の血管を広げ、血流をよくする作用もあります。これらの作用は更年期障害のさまざまな症状に効果を発揮します。

なお、B₂、ナイアシンなどビタミンB群には同様の作用があり、併せてとるとより効果的です。

上手に摂取するには?

ビタミンB₁は水に溶けやすく熱に弱い ので、調理中にかなり失われるのが難点。

とりだめもでさないので、毎曰補給します。ねぎやにんにくに含まれるアリシンという成分はB₁の吸収を高めます。取り合わせると摂取置がふえます。

イソフラボン・・・更年期障害を軽くする注目の成分

イソフラボンが更年期障害によいわけは?

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをもつ成分で、更年期特有ののぼせをやわらげたり、骨粗鬆症を改善するはたらきのあることが確認されています。

欧米の女性に比べ、日本の女性が比較的軽く更年期を乗り切っている理由に、大豆食品(イソフラボン)があげられ、世界中の注目を集めています。

上手に摂取するには?

大豆に含まれるイソフラボンは大豆食品で摂るのが手軽ですが、ものによって含有量が異なります。

いちばんのおすすめ牛乳に混ぜたりお菓子づくりに利用して毎日とるとよいでしょう。ちなみに北海道など北の地方でとれた大豆はイソフラボンを多く含んでいるというデータがあります。

食事ポイント

栄養バランスのよい食事を心がける

閉経にともなって起こるさまざまな症状を乗り切るためには、体調をよくして体力を充実させる必要があります。

日々の食事内容を見直し、パランスのよい食事を規則正しくとるようにすることが大切です。

ビタミンE •B群、カルシウムなどを積極的にとる

老化を防止するビタミンE、新陳代謝を高めるB群、気分を安定させるカルシウム、また、腸内細菌のはたらきを活発にする食物繊維などを充分に補給します。

食べすぎに注意する

肥満は生活習慣病の元凶です。動物性脂肪や甘い菓子類はできるだけ控えましよう。

体を冷やす食品は控えめに

ジユ—スやアイスクリー厶、果物などの過食は避けます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です