効果がある栄養成分を摂取すると、腎炎の初期治療が大事だと思う

有効な栄養成分

➦EPA(エイコサペンタエン酸)
➦グリシニン
以下は別々紹介します。ご参考してください!

EPA・・・炎症の改善に役立つ

EPAが腎炎によいわけは?

炎症はプロスタグランジン、ロイコトリエンといった化学物質によって引き起こされますが、EPAはこれらはの生成を変更させる作用があり、炎症を減少させます

つまり、腎臓の炎症にも効果があると考えられています。

上手に摂取するには?

鮮度のよい魚介類をできるだけ脂肪を逃がさないように調理してとります。お勧めは刺身

また、揚げ物より煮物グラタンが汁ごとを食べられて効率的です。

体内での酸化を防ぐため、β-カロテンやビタミンEを多く含む食品と一緒にとるとよいでしょう。

グリシニン・・・症状の進行をゆるやかにする

グリシニンが慢性腎炎によいわけは?

動物実験ですが、牛乳タンパクであるカゼインを大豆タンパク質に置き換えることによって、慢性腎炎の進行がゆるやかになることが報告されています。

グリシニンは、この大豆タンパクの約50%を占める成分です。

過剰に摂取することはコントロールしなくてはいけませんが、グリシニンには血清コレステロールを低下させる作用もあり、こうかが期待されます。

上手に摂取するには?

大豆は肉、魚、卵などに次いで良質のタンパク質を多く含んでいます。

豆腐・豆腐製品が手軽です。

大豆油を取ったあとの脱脂大豆でつくったものが大豆タンパクで、加工食品の材料としてソーセージ、ハンバーグ、シューマイ、飲料などに利用されています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です