かぜ症候群に効果的な栄養成分が何ですか?勉強しましょう!第2章

かぜ症候群に有効な栄養成分2

❄ビタミンB₂
❄ビタミンC
❄レクチン
以下は別々紹介します。ご利用してください!

ビタミンB₂・・・エネルギーの生産を促す

ビタミンB₂がかぜ症候群によいわけは?

ビタミンB₂は、体内で脂質や糖質をエネルギーとして利用する作用に関わっています。

また、免疫力を高め細胞の再生を促進し、胃や腸の調子を整えて消化力を高める働きもあります。

上手に摂取するには?

レバー乳製品など、B₂を含む食品を多く食べるようにします。

植物性の食品では、納豆アーモンドマツシュル —厶に多く含まれています。

脂肪や糖分の多い食生活をしていると、 ビタミンB₂が多く消費されて、不足しがちになります。

こういった傾向のある人は、特に補給を心がけましょう。

ビタミンC・・・抗ウイルス作用を持つ

ビタミンCがかぜ症候群によいわけは?

ビタミンCは、体の免疫力を高めてかぜなどの感染症にかかりにくくしたり、ウイルスを撃退して治癒を早める三たらきをします。

かぜには各種のビタミンやミネラルをバフンスよくとる必要がありますが、なかでもビタミンCが重要とされるのは、このためです。

上手に摂取するには?

ピタニンCを多く含む野菜果物をとります。食欲がなく、のどを通りにくいときは、ジユースを飲むのもよいでしょう。

さつまいもじゃがいもも、ビタミンCか意外に多く、特にいも類のビタミンCは加熱しても壊れにくいので、効率よくとることができます。

たくさんとっても害はないので、所要量を満たすだけではなく、多めにとるようにします。

レクチン・・・免疫機能を高める

レクチンがかぜ症候群によいわけは?

レクチンは体内で、細胞の表面にあるタンパク質や糖脂質と結びつき、その細胞を活性化させるはたらきをもっています。

その結果、かぜのウイルスや細菌にダメージを与え、増殖を防ぎます

ある種のレクチンは、この作用によってがん細胞の増殖を抑えることもできるほどで す。

かぜをひきやすい人は、積極的な摂取がすすめられている成分です。

上手に摂取するには?

ナッツ類ジャガイモなどがあります。積極的にとりましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です