「単なるものの忘れる」と認知症は全くなく違う

「単なるものの忘れる」と認知症は全くなく違う

人間、誰しも年をとればもの忘れの1つや2つは身に覚えがあるはずだ。テレビで見た有名人の名前や、感動した映画のタィ トルがなかなか思い出せず、「そろそろ私もぼけてきたのかな……」などと不安にうこともあるのではないだろうか。

しかし、単なる老化現象としてのもの忘 れと、認知症によるもの忘れには決定的な 違いがある!」筑波大学付属病院精神神経科教受の朝田隆医師はその違いをこう摘す る。

「例えば、喫茶店で人に会ったとしましょう。そのときにどんなことを話したのかィマー型認知症は、比較的初期のぅちから記憶障害が起こる。初めは最近の出事忘れてしま、っ程度の状態がしばらく続く が、時間が経つにつれて昔のことも思い出せなくなり、さらに、それが頻繁になっていく。

病気がある程度進んできたときに起こりやすいのが見当識障害だ。日付や季節、場所などが分からなくなる。日付を数日間違えることは誰にでもあるが、見当識障害の場合は大幅に間違えるのが特徴で、ひどいときには今日の日付を聞くと「昭和20年の    」などと答えたる。

さらに、重度になると、をすること や家族の顔を覚えていることもむずかしくなる。歩行障害などの身体的な症状も現れ、 最終的には寝たきりの状態になる。家族や周りの人が「最近ちょつとおかしいな」と気づいたら、できるだけ早く精神や申内、もの忘れ外来などを受診したほうがよい。早期発見できれば、患者が穏やかに暮らせるょ、つに、家族も受け入れ態勢をし つかり整えることができる。

アルツハィマー型認知症の!^薬と呼べ るょぅな治療薬はまだない。だが、認知症 治療は日進月歩で進歩しており、薬で症状 の進行をある程度遅らせることはできる。

ドネべジル(製品名アリセブト)は、中等度までに使用すれば、症状の進行を抑制 する効果があることが分かつている。最近 では、ガランタミン(製品名レミニール) やメマンチン(製品名メマリー)などの新薬も認可された。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です